精神科、精神保健福祉法
精神科医の薬の使い方はなぜ個性的なのか

 精神科の医師の薬の使い方は、その人によって随分と異なっています。多くの数の薬剤を使う精神科医、少ない数の薬で済ます医者、だんだん増えていく医者、そして、どの患者にも同じ薬を使う医者などなど。  これは、どういうことかと […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
精神科の患者が他科を受診するとどうなるか? 随時追加

まえおき 精神科の患者さんに身体症状が生じたとき、高血圧や高脂血症などの軽症のものであれば、精神科の外来や病棟で対処することが可能です。しかし、高度の検査や手術を必要とするもの、がん、肺炎、水中毒などは、総合病院で対処し […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
handwritten dirty writing vintage
精神保健法でいう「信書」とは何か

 精神科病院での行動制限については、精神保健福祉法によっていろいろなことが定められています。信書の制限についても言及されていますが、この信書という言葉がひっかかりますので調べてみました。 (処遇)精神保健福祉法第三十六条 […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
person writing while using phone
精神保健福祉法クイズ(精神科従事者様向け)

精神科病院に勤める人は、どのような職種であっても、精神保健福祉法をある程度(以上)理解していなければなりません。そのため、精神保健福祉法の研修会を定期的に行わなければなりませんが、コロナウイルスのために研修会ができません […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
photo of white and brown coated dog
承認されるということ 犬の欲求階層説

 人間には、自分のことを誰かに承認されたいという欲求がある。これが人にさまざまな問題を引き起こしているのは確かだろう。それを検討したいが、一朝一夕にできるものではない。これがわかれば、人間はもっと自由になれるだろう。とい […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
hand industry sport business
承認されるということ 概要

 人から承認されるということが、あるいは承認されないことが人に与える影響は極めて大きい。承認をいろいろな角度から考えてみたい。  まず、承認の方法である。承認する人はどういう形で、他者を承認するのか。生まれたときからみて […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
man in gray shit sitting on rock boulder
承認されるということ 孤独な男

 昔、京都のお茶屋さんの一軒に某大学教授に連れて行ってもらったことがある。その人もずいぶん前にお茶屋さんに他のお偉いさんに連れてきてもらったことから気に入って、お茶屋さんに入れる地位をやっと獲得したという。そこまでに至る […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
病識とは 医療保護入院の場合(精神科従事者向け)

 精神医学の用語は、どれも難解で解釈が分かれるが、「病識」という言葉もその一つだ。多くの有名な精神科医の定義がある。しかし、どれも頭によく入らない。わかったような分からないような気がする。わかったふりをするのは精神衛生上 […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
病識とは さまざまな定義(精神科従事者向け)

1. 病識の定義をみてみよう。まず、某大学教授の精神科医の説明である。「主観的な体験の異常や行動異常を自らは病的なものと認めず(病識欠如)、あるいは病的と認めても精神科受診を拒むものもみられる」。上島国俊 「治療の進め方 […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
hand industry sport business
承認されるということ 「お笑い」の世界

 2021年10月 都道府県ランキングが出て、すごく怒っている知事さんもいる。しかし、これだけ毎年取り挙げられ、知事を怒らせたり、ニンマリさせたりするだけの強い影響力がこのランキングにあるのは確かだ。ランキング会社の勝利 […]

続きを読む