精神科、精神保健福祉法
病識とは 医療保護入院の場合(精神科従事者向け)

 精神医学の用語は、どれも難解で解釈が分かれるが、「病識」という言葉もその一つだ。多くの有名な精神科医の定義がある。しかし、どれも頭によく入らない。わかったような分からないような気がする。わかったふりをするのは精神衛生上 […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
病識とは さまざまな定義(精神科従事者向け)

1. 病識の定義をみてみよう。まず、某大学教授の精神科医の説明である。「主観的な体験の異常や行動異常を自らは病的なものと認めず(病識欠如)、あるいは病的と認めても精神科受診を拒むものもみられる」。上島国俊 「治療の進め方 […]

続きを読む
精神科、精神保健福祉法
病識とは まとめ(精神科従事者向け)

 病識についていろいろと調べてきましたが、最後にまとめです。なお、私独自の見解であり、公には認められているものでないことをご理解ください。 病識の定義  病識があるとは、自分が病気に罹患しているとわかることである。問診に […]

続きを読む