偉人や偉人のうつ病
生き方を妙好人に学ぶ その1

 「妙好人」とは、浄土真宗の信者の中にいる一群の人たちのことです。この人たちに注目し記録してきた人もいるようですが、宗教哲学の面から初めて取り上げたのは、鈴木大拙(以下敬称略)です。鈴木大拙著「妙好人」第2版1刷(法蔵館 […]

続きを読む
偉人や偉人のうつ病
生き方を妙好人に学ぶ その3 源左

  生き方 妙好人 学ぶ という目的で3回目になりました。妙好人とは、浄土真宗の熱心な信徒で、悟りを開いた覚者です。その一人である「因幡の源左」について学んできましたが、今回は、源左の実際の言動から彼の生き方を学びましょ […]

続きを読む
偉人や偉人のうつ病
生き方を妙好人に学ぶ その4 天香

 妙好人と言われた因幡の源左 の言動を紹介してきました。その3では、源左の特徴である「無償で捧げる」ということについてご説明しました。今回は、また、別なエピソードについて、柳宗悦の収集した記録から抜き出してみます。  京 […]

続きを読む
偉人や偉人のうつ病
生き方を妙好人に学ぶ その5 源左の名言

ここでは、妙好人 因幡の源左の名言をお示ししましょう。  谷口光造という人が、源左に「わしゃ癇癪性でや」と自分の怒りっぽいことを源左にどうしたらいいかと聞きます。  源左、「だんなさん、あんたはええものを持ってますなあ。 […]

続きを読む
偉人や偉人のうつ病
逆説的に生きる その1 親鸞 源左

 逆説とは何でしょうか?  辞書では、真理(結論)と反対なことを言っているようで、よく考えると一種の真理を言い表している説。 例、「負けるが勝ち」の類。パラドックス(paradox)とは、正しそうに見える前提と、妥当に見 […]

続きを読む