リワーク プログラムとは?

 浦和神経サナトリウムの リワーク復職コース COMPASS は、精神疾患による長期休職中に就労可能な程度に病状が回復した方を対象に、徐々に社会生活や集団生活に慣れていただき、身体的・精神的な力を回復させ、職場復帰に必要な諸能力を高めるための取り組みです。当院は、日本うつ病リワーク協会の会員です。実績があります。どうぞ、安心してご利用ください。

リワーク利用によるメリット

○長期休業後の復職に対する不安が軽減し、自信が持てるようになります。

○復職後の急激な環境変化による病状悪化を予防できます。

○再発予防教育などにより、職場復帰後も安心して就労できます。

当院のリワークプログラムの特徴

官公庁や企業など、多くの職場で産業医を務める精神科医師が復職を全面的にサポートします。埼玉県でもっとも歴史のあるリワークです。

 ・復職する職場に合わせた復職プログラムを個別に作成いたします。
 ・職場上司や産業医との復職に関する環境調整を必要に応じて行います。
 ・利用者お一人につき、リワーク担当医と専門スタッフの2名が担当となります。

○単に職場復帰を果たすだけでなく、再発予防を含めた包括的な復職支援をいたします。

・産業医、臨床心理士、看護師、作業療法士、精神保健福祉士等の専門スタッフによる講義をいたしております。これにより、再発予防の知識を習得できます。
・管理栄養士による食事・栄養指導が個別に受けられます。

○ご希望の方には栄養バランスが整った昼食を無料でご提供しております。

○浦和駅から当院の無料送迎バスをご利用いただけます。

◎お電話でお気軽にご相談ください。
  TEL 048-873-3115(代) 
  リワーク担当 松永、望月、斎藤
  (平日の9時から17時)

リワークプログラム紹介

知的活動

タイムリーな情報や、復職後の仕事に関連する話題にふれることにより、復職の意欲を継続させていきます。

オフィスワーク

 一人一人の職種、症状と段階に応じて内容を決めます。“脳トレ本”を利用して楽しみながら技能回復を図るなど無理のないプログラムを設定していきます。

プレゼンテーション


 会議の場面を想定した時間となります。効果的なプレゼンテーション・ディスカッション技術などを体得し、日常の業務の中でも自分の感情を伝える場面や業務報告などに応用できます。

 症状や体調の自己管理方法や、産業医・心理士等による講座を通して、職場適応の役に立つ情報を身につけます。また、ストレス対処法やコミュニケーションスキル習得のためのプログラムも実施しています。  

目標設定


 復職までの目標を設定し、1週間ごとに進捗状況をスタッフと共有・目標の達成度を確認していきます。

リラクゼーション


 職場復帰に必要な体力や、気分転換の方法を、ヨガ・ダンス・ストレッチ・卓球等を通して楽しみながら身につけていきます。

復帰直前プログラム


 模擬通勤など、復職約1ヶ月前から、より実践的なプログラムを実施いたします。

2021年度リワークコース コンパス修了者の声

  • 気分が落ち込む時の認知行動療法、疲れている時のアロマテラピーや睡眠、身体を動かすことの大切さなど、リワークプログラムの中で学んだことが、復職後の生活で大変役立っている。また生活記録表や疲労の記録といった取り組みは現在も続けており、大変重宝している。今のリワークプログラムの良い所が、これからの利用者の方々のために続いていってくれたらと強く願っています。(20代男性)
  • 考え方が柔軟になった。他人との違いを受け入れやすくなった。アサーティブな言葉が出てくるようになった。「ぼちぼち てきとう がんばらない」が合言葉になった。ほめほめ日記を続けています。自分はパソコンのスキルがなかったのでITの強い方に教えてもらえば良かったと感じています。各利用者の強みを教え合う機会があったら、より現在に活かせたのでは?と振り返りました。(40代女性)
  • 毎日欠かさず行っていたディスカッションは復職後にも大変役に立っています。段階的に負荷のかかる仕組みはもちろんですが、他人との接し方が上手くできない自分にとっては、効果的なトレーニングとなり自信が取り戻せ、それが職場復帰への大きな一歩となりました。それから地味ではありますが、毎日記録する活動日誌も自分自身を見つめ直すという意味で大変意味があったと思っています。今でもたまに読み返して気持ちを切り替えております。コロナ禍で様々な制限はあるかと思いますが、復職後に真っ先に感じのは体力の衰えでした。デスクワーク中心なのに、リワークの頃よりも身体の疲れを感じることが多かったので体力づくりのプログラムがもっとたくさんあればよかったなと感じております。(50代男性)
  • プログラムの1つ『プレゼンテーション&ディスカッション』で司会をする時があった。復職後に、やはり司会のようなことをする時があり、そうした時に全然気分良くすることができる。振り返ってみて、スタッフの方々には大変お世話になったし、ある意味、楽しく有意義な時間が過ごせました。(50代男性)
  • 休まずに出席したことで、毎日働くという覚悟と習慣ができた。自己で課題を設定して、プレゼンテーションをする機会があれば良いと思います。体力づくりの時間を長くしてウォーキングの距離を増やしてもらいたかったです。(40代男性)
  • リワーク通所前の凝り固まった自分の考え方に対して冷静に良い方向に修正できるようになった。今も気分が落ちることがあるがマインドフルネスで悪化を止められるようになった。うつや休職に対してマイナス(恥ずかしい)な思いがあったが、リワークの仲間のおかげでマイナスな思いはなくなり、冷静に自分の特徴として接することができている。私が通所していた時、コロナが流行しだして職員の方々も大変な中、工夫して対応して下さったので、要望はなく感謝しかありません。本当にありがとうございます。(30代男性)

お問い合わせ・見学予約

下記連絡先へお願いします。どうぞ、お気軽にお問合せください。

〒336-0041 さいたま市南区広ヶ谷戸301-1
浦和神経サナトリウム リワーク担当:松永、望月、斎藤 
TEL 048-873-3115(代)(平日の9時から17時)
e-mail:usshukki@bz03.plala.or.jp

下記からもどうぞ