リワーク プログラムとは?

 浦和神経サナトリウムの リワーク復職コース COMPASS は、精神疾患による長期休職中に就労可能な程度に病状が回復した方を対象に、徐々に社会生活や集団生活に慣れていただき、身体的・精神的な力を回復させ、職場復帰に必要な諸能力を高めるための取り組みです。当院は、日本うつ病リワーク協会の会員です。実績があります。どうぞ、安心してご利用ください。

リワーク利用によるメリット

○長期休業後の復職に対する不安が軽減し、自信が持てるようになります。

○復職後の急激な環境変化による病状悪化を予防できます。

○再発予防教育などにより、職場復帰後も安心して就労できます。

当院のリワークプログラムの特徴

官公庁や企業など、多くの職場で産業医を務める精神科医師が復職を全面的にサポートします。埼玉県でもっとも歴史のあるリワークです。

 ・復職する職場に合わせた復職プログラムを個別に作成いたします。
 ・職場上司や産業医との復職に関する環境調整を必要に応じて行います。
 ・利用者お一人につき、リワーク担当医と専門スタッフの2名が担当となります。

○単に職場復帰を果たすだけでなく、再発予防を含めた包括的な復職支援をいたします。

・産業医、臨床心理士、看護師、作業療法士、精神保健福祉士等の専門スタッフによる講義をいたしております。これにより、再発予防の知識を習得できます。
・管理栄養士による食事・栄養指導が個別に受けられます。

○ご希望の方には栄養バランスが整った昼食を無料でご提供しております。

○浦和駅から当院の無料送迎バスをご利用いただけます。

◎お電話でお気軽にご相談ください。
  TEL 048-873-3115(代) 
  リワーク担当 松永、望月、斎藤
  (平日の9時から17時)

リワークプログラム紹介

知的活動

タイムリーな情報や、復職後の仕事に関連する話題にふれることにより、復職の意欲を継続させていきます。

オフィスワーク

 一人一人の職種、症状と段階に応じて内容を決めます。“脳トレ本”を利用して楽しみながら技能回復を図るなど無理のないプログラムを設定していきます。

プレゼンテーション


 会議の場面を想定した時間となります。効果的なプレゼンテーション・ディスカッション技術などを体得し、日常の業務の中でも自分の感情を伝える場面や業務報告などに応用できます。

 症状や体調の自己管理方法や、産業医・心理士等による講座を通して、職場適応の役に立つ情報を身につけます。また、ストレス対処法やコミュニケーションスキル習得のためのプログラムも実施しています。  

目標設定


 復職までの目標を設定し、1週間ごとに進捗状況をスタッフと共有・目標の達成度を確認していきます。

リラクゼーション


 職場復帰に必要な体力や、気分転換の方法を、ヨガ・ダンス・ストレッチ・卓球等を通して楽しみながら身につけていきます。

復帰直前プログラム


 模擬通勤など、復職約1ヶ月前から、より実践的なプログラムを実施いたします。

2020年度リワークコース コンパス修了者の声

  • 半年間ありがとうございました。最初は週3回の通所だけでも、気力・体力ともにへばっていましたが、色々なプログラムを通して仲間ができ、スタッフの方々にも支えていただいたおかげで無事に復職までたどり着けることができました。特に担当スタッフさんの一言で大きく自分の心境が変わったこともありました。これからは、あまり無理せずに自分のペースで仕事をしていきたいと思います。(20代女性)
  • 各プログラムはどれも私にとって有用でした。スタッフさんに相談しやすい体制のため安心して復職に向けての活動に集中できました。他の参加者と交流しやすい雰囲気でプログラムはとても良いと思いました。仲の良い人ができるとリワークへ行く上でのモチベーションや安心感につながりました。自分に自信がついたと感じられることが多くなりました。(30代男性)
  • 自分に起きた問題を客観的に捉える事により、その時の自分の気持ちや思考に基づいた行動を知る事で、今までは見えなかった癖や自己の傾向に気付き、そこにある歪みを修正できるようになった。復職出来て、これからの人生が前向きに捉えられるようになれたのも、リワークスタッフの方々が親身になり話を聴いて頂いたり、相談しやすい環境を作り、忙しい中でもきちんとアドバイスをしていただいたおかげだと感じている。先生や講師の方々も疑問や質問にきちんとアドバイスをして頂いた事で自分の中で納得して学習することが出来た。(40代男性)
  • まずは、休職になってから不足していたコミュニケーションのやり取り(メンバー間)や自分の苦手分野について、勉強することができたと思います。コラムシートによる認知行動療法では色々な見方をすることを知り、職場で何かあった時に伝える内容を感じた。自己理解に関する講義では「物事は表裏一体」であり「リフレーミング」では、短所は必ずしも-イメージを持つ必要はないことを知った。メンバーとの触れ合いが楽しく、今後も活きると思います。ディスカッションも週に一度くらいは、フリートークがあってもいいのではないかと思いました。(50代男性)
  • 何よりも規則正しい生活が遅れた事、また、やはり色々な事に取り組めた事が大きかった。振り返ってみると最初は実は心配でした。しかしながら、スタッフさんや先生のおかげですごく充実した日々を送ることができました。勝手な事を言うようですが、もう少しみんなで散歩に行きたかったです。(50代男性)
  • 休まずに出席する習慣が作れた。復職リハビリも休むことが無いように自信と体力を作れた。体力づくりのウォーキングは日曜日にウォーキングに出るきっかけを作ってくれました。今は日曜日に歩く習慣になりました。きめ細かいケアを受けられたと思います。また辛くなったら話を聞いてください。(50代男性)

お問い合わせ・見学予約

下記連絡先へお願いします。どうぞ、お気軽にお問合せください。

〒336-0041 さいたま市南区広ヶ谷戸301-1
浦和神経サナトリウム リワーク担当:松永、望月、斎藤 
TEL 048-873-3115(代)(平日の9時から17時)
e-mail:usshukki@bz03.plala.or.jp

下記からもどうぞ