一般

精神科の一般的な問題に関する投稿です

一般
宮沢賢治の万人の幸福と親鸞の唯一人の幸福

賢治の場合  宮沢賢治は、1926年(大正15年)に農民の生活向上を目指して農業指導を実践するために羅須地人協会を設立。そこの授業のために書かれたのが「農民芸術概論綱要」です。無料肥料指導などの活動を行いますが、1933 […]

続きを読む
一般
ラッセルの幸福論で幸福になる 5 「ねたみ」

 ラッセルは、不幸の原因を順番に取り上げていきます。次は、「ねたみ」です。  ねたみは、1歳未満の子供にもみられるもので、1人の子供だけかわいがれば、即座に気づかれて恨みを持たれる。子供を扱う人は、物を分け与える時には、 […]

続きを読む
一般
ラッセルの幸福論で幸福になる 4「疲れ」

第5章 疲れ  不幸の原因の一つとして、ラッセルは「疲れ」を挙げます。  今日、この進歩した社会において最も深刻な疲れは、神経の疲れである。疲れの原因の一つは、騒音である。騒音を聞くまいと意識下で努力するために、なお一層 […]

続きを読む
一般
ラッセルの幸福論で幸福になる 3 「競争」

第3章 競争  アメリカ人やイギリス人のビジネスマンに生活の邪魔をするのは何かと尋ねたとしたら、「生存競争だ」と言うだろうとラッセルは語ります。しかし、昔と違って、そういうビジネスマンは仕事に失敗したところで餓死すること […]

続きを読む
一般
ラッセルの幸福論で幸福になる 2 「バイロン風の不幸」

第2章 バイロン風の不幸  ラッセルは、不幸の典型例として 3人のペシミストを挙げます。 まず、バイロン。1788年イングランド生まれの男爵。ジョージ・ゴードン・バイロン。ラッセルと同じケンブリッジ大学出の詩人で、遊び惚 […]

続きを読む
一般
ラッセルの幸福論で幸福になる 1 「不幸の原因」

 幸福を推進するのは、精神科医の仕事の一つであろうと思われます。幸福とは、主観的なものであり、端から見て不幸と思われても、当人は幸福だと思っているという場合もあるし、幸福か不幸か考えている余裕もない、ただ必死だという場合 […]

続きを読む
一般
何でも簡単にしよう

 毎日、大量の書類を書いています。精神保健福祉法に関するもの、自立支援法に関するもの、生活保護に関する書類、院内の作業療法の指示書、訪問看護指示書(院内と院外)、各種アンケート、障害年金診断書、医師意見書、診療情報提供書 […]

続きを読む
一般
精神科の安価すぎる薬

 抗精神病薬であるハロペリドール0.75mg錠は、1錠6円。3mg錠でも6.4円。先発品のセレネースだと、それぞれ 7.9円と10.1円の薬価である。1日3mgから9mgくらいで治療は行われるから、1日18円から30円く […]

続きを読む
一般
気づきの力 Power of the Awareness その3

 気づきの力に注目するのは、気づきは何か豊かなものを人に与えてくれるからです。   ニュートン(Sir Isaac Newton、1643年1月4日 - 1727年3月31日、英国)は、リンゴが木から落ちるのを見て、万有 […]

続きを読む
一般
気づきの力 Power of the Awareness その2

ソニーのウォークマン  1979年(昭和54年)にソニーからウォークマンが発売された。ソニーのホームページから画像を取り出させていただいた。カセットテープで聞く初めのウオークマンである。音楽を外出中に聞くなどということは […]

続きを読む